top of page
The Prisoner's Silence Japanese Version

The Prisoner's Silence Japanese Version

₹250.00Price
Sales Tax Included
人間の条件についての瞑想であるこの小説は、法律、政治、宗教、神といった主要な絞首台の源からの服従の恐ろしい顔を浮かび上がらせています。人間または神の力は暴力と服従から生まれ、おだてによって発展し、従順によって神聖さを獲得します。この哲学的で深遠な、心理学的に繊細な、人間的に魅力的で普遍的に社会的な本は、監獄、対立、疎外、そして人間の期待の要約です。トーマ・クンジの物語を語っており、彼は11年間刑務所に収監され、以前に一度も会ったことのない少女を強姦し殺した罪で告発されました。彼は自分が政治家の息子の身代わりになったことを知る由もありませんでした。ラザックは異なりました。トーマ・クンジは刑務所で彼と出会いました。ラザックは13歳でケララ州の家を逃げ出し、アラビアに連れて行かれてヤシの栽培者であるアキームの後宮で女性奴隷として仕えることになりました。去勢されたラザックは地獄の苦しみを経験し、19年後にケララの宮殿に戻ってきました。ラザックは無力であり、妻とその愛人を殺害した後間もなく死にました。言い換えれば、彼も無実でした。絞首台の足元で、仮面を被った男、トーマ・クンジは、ラザックのか細い叫びと人類の苦しみを聞いていました。